情報空間プラス書き方返信用封筒の書き方

いざという時に使いたい返信用封筒の書き方、最近のマナーの傾向など。

返信用封筒の書き方って?

返信用封筒は意外と多くの場面で使われているものです。
取引先と書類をやり取りする場合、結婚式に招待した方からの返事をいただきたい場合、 イベントに参加する場合など、返信が欲しい相手の手間を省くために、 返信用封筒が同封されているケースは少なくありません。

ただ、いざ自分が利用するとなると返信用封筒の書き方がわからず、戸惑ってしまうことも多いもの。
返信用封筒の書き方にもやはりマナーがあります。
相手に失礼にならないような返信用封筒の書き方をぜひ覚えておきたいものです。

住所や宛名の書き方って?

返信用封筒に記載する返信先の住所、宛名の書き方は、通常の封筒の書き方とほとんど同じです。
ただ、返信先の宛名については間違えやすく、気をつけなければならないポイントがいくつかあります。

まず、返信先の宛名ですが、「御中」「様」はつけず、「行」と記載しておきます。
すると、先方からは「行」が二重線で消され、その代わりに会社等であれば「御中」、個人名であれば「様」と訂正されて返送されて来ます。
これが返信用封筒の書き方の基本となります。
この際、先方に「様」と書き直していただくことをあらかじめ想定し、「行」の文字を少し小さめに、本来の行よりは若干ずらした位置に書いておくと良いでしょう。

書き方のマナーとは?

ただ、この返信用封筒の書き方には近年、いろいろなバリエーションが登場しているようです。
例えばこれまでは返送先の宛名に最初から「様」と書いておくのはマナーに反したことだと言われてきました。
しかし最近では先方の「行」を「様」に書き直す手間を省くために、あらかじめ「様」と書いておくのも相手を思い遣る気持ちであるとする意見も聞かれます。

確かにこういった意見は理に適っているものとも思えますが、昔からのマナーを知っている人にとっては宛名に最初から「様」と書かれているのはどうしても違和感を覚えるもの。
そのため、あえて敬称を全くつけないままで出すのが良い、としているケースもあるようです。

もっと詳しく知りたい

返信用封筒(見本)
法務局で紹介している返信用封筒の書き方の見本です。PDFファイルです。

使いやすさ日記: 600. コストと手間を抑える工夫  ?返信用封筒の注意書き?
こんな返信用封筒だと分かりやすくて便利かもしれませんね。参考までに。

書き方